動画投稿が当たり前の時代

2005年に動画投稿サイトが登場したのをきっかけに、その動画投稿サイトを中心に動画投稿を行う事が世界中の人達の間で浸透し、現在では日常の生活を撮影して動画をインターネット上の動画投稿サイトにアップする事が当たり前の時代になりました。
動画投稿サイトが登場する前の日本においては、主にフラッシュアニメと呼ばれるフラッシュを使用したアニメーションなどが人気を博していました。 フラッシュアニメーションによる外国のアーティストの替え歌作品などはインターネット上においてフラッシュアニメーションを知らしめる役割を果たすのと同時に、テレビのバラエティ番組などでも取り上げられて果てはCDシングルとして発売されるなど、フラッシュアニメを発端としたブームが巻き起こった時代もありました。
しかし、2005年に後に巨大動画投稿サイトに成長する動画投稿サイトが登場すると、日本のみならず世界中の人達はこぞってフラッシュアニメーションよりも手軽に撮影出来て動画を編集作成出来る自画撮り動画を動画投稿サイトにアップする様になっていったのです。
動画投稿サイトの登場によって世界中の人達とのコミュニケーションが以前よりも気軽に行われる様になっています。

ページのトップへ戻る