動画の著作権に注意を

現在はインターネットが利用できる環境があれば、 手軽に誰もが動画を投稿できる時代ですが、 著作権に注意をして動画をアップロードしたいです。
自宅の風景、自分のペットの様子、自分が作った作品、などは著作権に引っ掛かりません。 特にペットの動画は簡単に撮影できる上に、 アップロードをすると沢山の人間に愛されるので積極的にアップロードをして欲しいです。 著作権違反となってしまう動画と言いますと、他人が作った作品です。
例えばテレビで放送されている番組、他人が作った音楽の無断利用、 漫画を撮影する、などは著作権の侵害となります。 個人が楽しむためならばOKなのですが、インターネットにアップロードをするとなると、 不特定多数の人物が著作権のある動画を視聴できる事になり、 動画で見られるからドラマのDVDはレンタルし無くて良いや、 漫画が動画でアップロードされているから漫画は買わなくて良いや、 となり著作者にとって利益とならずに激しい損害となってしまいます。
それに、自分が作った物を他人がアップロードしている、 というのは精神的にも不愉快なものがあります。 法律違反になりますので、著作物のアップロードはやめましょう。
著作権フリーの素材や、自分が作った音楽などならば積極的にアップする事ができます。

ページのトップへ戻る