CM動画の肝は強いインパクト

広告代理店などがCM動画を制作するときに最も大切なことは、観た人に対していかに強いインパクトを残せるかです。テレビCMやインターネットCMなどの動画広告というのは、大変多くの人が目にしますが、観た人全員が興味や関心を持って観ているとは限りません。
観た人の中には、ボーッと他のことを考えながら観ている人もいるでしょうし、スマホを片手に観ている人や、録画した動画を早送りで観ている人も珍しくはないでしょう。つまり、CM動画の内容に注目しながらCM動画を観ている人は、意外と多くないということです。
そんな人たちに否が応でもCM動画を観てもらうためには、少しでもインパクトの強いCM動画を制作しなければならないのです。インパクトの強いCM動画なら、つい目をとめて内容を確認してしまいますから、それができればCMの広告効果はバッチリだと私は思います。
そんなインパクトの強いCM動画というのは、引越しのサカイのように歌でインパクトを与えたり、JRAのように馬の走る映像でインパクトを与えたり、サッポロ一番で有名なサンヨー食品のようにタレントを起用してインパクトを与えたり、さまざまな方法があります。
こうして、強いインパクトを与えることが、良いCM動画だと私は思います。

ページのトップへ戻る