最近、動画広告が多く利用される

私は時々、YouTubeなどの動画を見ることがあります。たとえば好きなアニメのテーマソングのビデオクリップや、世界の面白動画などです。 その時、本編が再生される前に動画広告が入ることがあります。その広告主は、航空会社・食品メーカー・生活用品メーカーなどさまざまです。
こうした広告動画は、「五秒後にスキップできる」という機能を備えています。ですから途中で視聴をやめ、本編に移ることも可能です。 しかし私は、それらの広告を数十秒にわたって見ることが多いです。内容がユーモアにあふれていたり、おしゃれで高級なイメージを前面に打ち出したりと、工夫が凝らされているからです。
広告動画は、宣伝したいアイテムやサービスを的確に宣伝しやすいツールです。単なる文章での説明とは異なり、ビジュアルやナレーションなどは見る人に強い印象を与えるはずです。 さらに動画の内容に好意や興味を持たれれば、ブログやツィッターなどの口コミによってどんどん拡散されます。こうした宣伝効果の広がりも、企業側にとっては大きなメリットとなるでしょう。
YouTubeの広告動画は、30秒以上鑑賞された場合のみ広告主に課金されるそうです。これも、広告主にとっては合理的なシステムだといえます。 私自身、今後も日常の中で動画を鑑賞することでしょう。面白い広告動画がセットされていたら、それも同時に見るつもりです。

ページのトップへ戻る