ビデオカメラを持って外に出ること

私は、友人達と集まるときにもビデオカメラを持っています。スマホでもある程度の動画を撮影することはできますが、高解像度に拘りたいのです。 友人達と話をしている様子をビデオに収めてどうするか?と聞かれることが良くありますが、私としてはカメラワークや視聴者が見たい部分を綺麗にカメラ内に納めることができているかなどのチェックなのです。
昔のことですが、私は自分でオリジナルの動画を撮影して多くの人に見てもらう仕事に就きたいと考えていました。大まかに言えば映画監督のようなイメージです。
ですが現実では、自分でなりたいと思っているだけで映画監督になれるはずはありません。ただ、映像技術とかセンスとか運などが自分の中に集まってくると、何か変わってくるはずなのです。
現在の所は友人達と戯れているだけで、何の進歩も無いかもしれませんが、ちょっとの努力を重ねていくことにより、数年後にはどうでも良いような映像をドキュメンタリータッチで制作できるようになるかもしれません。
私の地元で未確認生物が発見されたり、何かの事件が起きて私がレポーターと一緒に現地で取材をするような状況がくることもあるかもしれない..と待っているのです。
その時のために、ブレずに映像を修める技術が必要なのです。

ページのトップへ戻る